通っていた床屋の腕が劣化していた・・・。

数年前のことになります。週末に法事に参列する予定になっていたので、事前に平日に空き時間があったので普段から通っている地元の床屋さんに向かいました。ところがその日に限って病院に通院するという張り紙がしてあり、臨時休業になっていました。

引っ越してきてからずっと通いなれていた床屋さんですが、そろそろ年齢的にもいつ引退するか気になっていました。話題の中にも年金の話が入ってきたりして重たさを感じていました。ともかく普段通っている床屋さんが臨時休業していたので、以前住んでいた大阪の住之江の床屋さんに出向くことにしました。

さすがにはじめてのお店というのは緊張しますし、どのようなカットをされるか不安になります。住之江の床屋さんは近隣にマンションが立ち並ぶなど環境は変化していましたが、以前と変わらない佇まいでした。

そこには昔懐かしい顔が今でも現役で働いていてとても懐かしく時間が止まったように思えました。しかし時代は確実に流れているもので、変わらないのは床屋の外観だけだということが次第にわかってきました。

一番残念だったのは、床屋さんの性格が以前に比べてとても頑固になっていたことです。もしかしたら年齢以外にもマンションが立ち並ぶなど環境の変化や売り上げなどにも影響があるのかもしれません。それにしても以前は子供にもとても優しい印象で安心できていたのですが、今では全く自分のペースで意見を聞かずにカットをするのでとても不安になりました。

そもそも高度なカットを希望してはいませんでしたが、もし万が一お客の望む仕上がりと全然違ったらトラブルになるのではと不安になりながら座っていました。あまりバッサリとカットをされると修正ができなくなるので、長めに切り揃った時点でカットを終えてもらいました。

これじゃすぐに髪の毛が伸びるのでもったいなかったと思いながらも、失敗して後悔するよりはましと思って料金を支払って出てきました。以前は可愛がってもらっていた床屋さんですので懐かしさもあったのですが、いざその仕事ぶりを見ると年月の経過をまざまざと感じさせられるものがあり悲しくさえありました。

もちろん生活のすべとして仕事をしているわけですが、お客が信頼できないという時点で職人としてもはやその役割を終えつつあるのではという疑念を感じつついました。手に職を持つということはいつまでも仕事柄できるということですが、引き際をいつにするかも意識した働き方をした働き方をしてもらわないと、かえってお客の側が迷惑するのではと思う日でした。

床屋で担当者の愚痴や人生相談を聞かされる!?

これは僕が大学生の頃、つまり今から10年ほど前の話です。当時、僕は東京にある大学に通っていました。その床屋は大学の通学途中にあったのですが、なんでもカットコンクールで何度も優勝するという経歴のある、人気のある床屋でした。

ですから、スタッフの数もそれなりに多いお店だったのです。その床屋には僕の友達も何人か通っていました。そして友達の間でもなかなか評判は良かったのです。ですから僕もその床屋には何度か通いました。

そのお店に行ってから2回目以降、僕はいつも同じ人に担当してもらうようになりました。別に僕の方からその人を指名した訳ではないのですが、いつも同じ担当者になりました。その方、少し変わっているんです。何が変かと言うとカットをしている時、ずっと僕に人生の愚痴を言い続けるのです。

自分は理容師になったけれど、本当はこんな人生は歩みたくなかったとか、いくら経験を積んでもカットが上手にならないとまで言います。僕にしてみたらお金を払っているのですから自分でカットが下手なんてカミングアウトをする人にとてもじゃないですけれどカットなんてして欲しくはありません。

その人のカットはやっぱり下手くそです。僕は後頭部は刈り上げをするのですが、その人にカットをしてもらうと後頭部の刈り上げは必ずガタガタの状態になります。挙げ句の果てには彼は自分より明らかに年下の僕にどうしたら人生、うまく行くのだろうと相談をしてきます。

そんな事、当時大学生だった僕に、しかも年上の人に答える事なんて出来る訳がありません。僕はお金を払って床屋に来ているのに、僕に人生相談をするのなら逆にお金を払って欲しいくらいです。

普通、床屋は髪をカットしてヒゲを剃ってもらうとすごくサッパリして、そして気分的にも爽快になってお店を出るものです。けれどもあの担当者のいる床屋はお店を出ると本当に僕自身が暗い気持ちになりました。何で僕がこんな気分にならないといけないのだろう?と僕は本当に疑問に思いました。そんな事が続きましたので、その床屋には二度と行く事はなかったのです。

そんな事があり、僕は床屋を変えました。変えた床屋はご主人が昔から営業をしていて地元の人に愛され続けているお店です。行ってみたら床屋の名店ですよね。ご主人は決して口数は多くありません。こちらが何かを話すとそれに軽く笑顔で答える程度。けれども技術はさすがに地元の人に愛され続けているだけあってとても確かです。

僕が頼んだ通りにカットをしてくれるのでいつも僕は満足出来ます。その床屋さんは職人肌のお店なんですね。これぞ僕が床屋に求めている姿です。そんな確かな技術にささえられ、控えめであるけれど決してぶっきらぼうではないご主人の人柄に僕は惚れて今でもその床屋に通い続けています。

昭和の七三分け事件!大手ファミレスチェーン店での新人社員研修!

私が大学を卒業し、全国にファミリーレストランチェーンを展開する会社に入社した時の話です。

入社式を終えた後、携帯の電波も入らない山奥の青少年自然の家に新入社員研修に行ったのですが、初日のスケジュールは半日分、何も入っていませんでした。

何をするのだろうと思っていたのですが、到着してすぐに判明しました。
人事部の人が新入社員を一人一人確認し、髪型が不適切な人を選んでいき、選ばれた人は、再度バスに乗せられました。

ファミリーレストランチェーンということもあり、身嗜み、特に髪型にはかなり厳しく、不適切な人は会社が理髪店に強制的に連行し、サービスマンに相応しい髪型にするとのことでした。

バスで10分ほど走ったところの理髪店に連れていかれたのですが、まさに田舎のオジサンしか通わないような昭和な感じの理髪店です。

店のオジサンも白衣を着て、アイロンパーマを当てており、お洒落や今風とは真逆の感じでした。

運悪く私は一番最初に切られたのですが、バリカンで周りをバリバリ剃られ、前髪もバサバサ、全体もジョキジョキと切られました。
モミアゲもカミソリでスパーンと剃り落とされ、出来上がった頭は、昭和な男前としか言い様のない七三分けの無惨な頭でした。
ちなみにモミアゲの長さは左右違い、剃り跡は青々としていました。

それを目の当たりにした同期たちは凍りついたと思います。
私はあまりの事態に茫然自失でした。

料金は自分持ちでした。
それは仕方ないとしても、代金4000円というのは、到底納得いきませんでした。
行き付けのお洒落な美容室より高いのです。
しかし、人事部の目が光っている中で、クレームを言う訳にもいかず、まさに泣き寝入りでした。

私は中学生の頃からファッションに興味があり、ファッション雑誌を参考に、流行の髪型をいつも取り入れていました。

ファミリーレストランに就職が決まり、髪型も落ち着いたものしないと思い、美容室でそれらしく切ってもらっていました。
それだけでも私には屈辱的だったにも関わらず、不合格を言い渡された挙げ句に、田舎の理髪店で昭和の七三分け、それも左右のモミアゲが非対称です。
泣きたくなりました。

確かに理髪店のオジサンも、若い人の髪を切りたくはなかったと思います。
限りなく罰ゲームに近い状況で、良心は痛んだでしょう。
しかし、ちゃっかり4000円もぼったくっています。
先輩や後輩に訊いても同じ理髪店で切られたそうです。
やはり同情の余地はないでしょう。

現在は長年の行きつけの美容室で、自分の好みの髪型にしてもらい、マッサージなどで心身共にリフレッシュしています。
担当の美容師さんとの会話もとても楽しんでいます。

今では昭和の七三分け事件は笑い話ですが、思い出すと今でも変な汗をかいてしまいます。s

そんな私ですが、現在髪が薄くなってきているのが悩みの種です。不老林を使って日々ケアに励む毎日です。

小学生の時に通っていた床屋|ダメな点5点をぶっちゃける!

私の年齢は26歳、男性です。
私の行きたくない床屋は、小学生の時に通っていた床屋です。よくある共通の部分から、ありえない部分もご説明したいと思います。このお店は、私の父が通っていたので、私もその流れで、その床屋に行くことになりました。
1点目は、店内が生臭いことです。理由は、店内で熱帯魚が買われておりました。それは、大きなアロワナです。水槽には、緑の苔がはりつき、いかにも黴菌が発生しておりそうな水槽でした。
2点目は、髪を切る際に覆うカッパのようなものが非常に汗臭かったです。生乾きのにおいに近いです。カットしている間でも我慢することは困難でしたが、なんとか耐えぬいておりました。しかし、カットが終わり、帰る際に、なぜか生乾きのにおいがするのです。ずっと覆っておりましたので、その匂いが私服にしみついておりました。そのときは、店長に苦情を本気で言おうか悩むレベルでした。
3点目は、よくあることですが、写真のイメージを見せてこれにしてくださいと頼んでいるのにもかかわらず、仕上がりは全然違い、なぜかアレンジを加えて、変な髪型に仕上がるのです。カット終了後、帰宅した瞬間に、自分で変な部分は修正しておりました。
4点目は、髪を洗う際に、顔がびしょびしょにぬれることです。髪の洗い方は、洗面台に顔を突っ込み、後ろから店長が髪を洗うのです。そのため、顔はびしょびしょで、顔の拭き方も非常に雑でした。
5点目は、技術的な問題です。私は、月1回はカットに行きますが、半年に1回ぐらいは頭皮から血が出ておりました。カットする際にミスをして、頭皮を指してしまうのです。これは、いらだちを隠せませんでした。傷が深く、出血多量のことが一度あり、病院に救急で運ばれ、緊急手術を受けたことも1度ありました。その事件があってからは、そのお店との付き合いはありませんでした。私の実家は自営業で、床屋さんはお客さんとして商売をさせて頂いておりました。
現在は、友達のお兄さんがやっている美容室に通っておりますが、昔の床屋のような要素は1つもありません。そこは、女性客も非常に多く、カフェのような雰囲気です。特に、ヨーグルトヘッドスパというメニューがあり、腕が良く、スパ終了後は、いつも顔のむくみはとれ、すっきりします。また、カットとセットの場合、6000円というお値段です。大体どこのお店でも、カットとセットで、8000円近くはします。非常におすすめで、満足しております。

店員の態度が悪い床屋にはもう二度と行きたくないです!

これは今から1年ほど前に床屋に行った時の話なのですが、その際にとても嫌な思いをしたのでそこには二度と行きたくないと思いました。

その床屋があるのは自宅から徒歩だと約30分ほどの距離にある床屋で、少し大きめで理髪店と美容院が併設しているところでした。

基本的には理髪店の方を男性が利用して美容院の方を女性が利用するような感じになっていて、理髪店の方は安さと回転率の良さが特徴になっている感じでした。

私がその床屋を利用することにしたきっかけは兄弟がその床屋を利用していたことで、元々は美容院を利用していたのですが値段が高いと思っていたので安さ重視で利用することに決めました。

その床屋は合計で5回ほど利用したことがあって、少なくとも過去4回については特に不満はありませんでした。

待ち時間が短く散髪中も特に話しかけられることなく素早くやってくれますし、仕上がりも悪くなかったので良い床屋だと思っていました。

ところが5回目に利用した際に担当してくれた店員の態度がとにかく悪くて、それがとても不快だったので二度と利用したくないと思いました。

その床屋は平日は6時半くらいで土日が5時半くらいまでが最終受付時間だったのですが、その出来事があったのは土曜日のことで私は5時頃に入店しました。

それからほどなくして呼ばれて散髪が始まったのですが、店員さんが何故か不機嫌な感じで最初から嫌な感じがしていました。

ちょくちょく溜息をしていたので気分が悪くて、カットも雑な感じで櫛が頭皮にガンガン当たって痛かったです。

仕上がりについてはそんなに悪くはなかったのですが、別の店員さんと比較して特に良いわけではないので不快な思いをしたことを踏まえると損をし気分になりました。

どういった理由で店員さんが機嫌が悪かったのはよく分からず、ちょうど交代のタイミングで私が来たからなのかなど色々と考えました。

ただいずれにせよお客の前で露骨に不機嫌な態度を表すのはどうかと思いますし、同じ人に担当されるのは本当に嫌だったので二度と行かないことにしました。

その後は通う床屋を変えて現在は自宅から少し離れたところにある大型スーパー内の床屋に変えたのですが、そちらについては今のところ満足できているので気に入っています。

その床屋は4席しかないので回転率に関してはそこまで良くない床屋なのですが、1000円カットのお店なので料金がとても安いです。

また1000円カットですが全体的に丁寧な感じで対応も悪くないので、コスパがとても良くてそこが気に入っています。

正直以前の床屋ではかなり嫌な思いをしたのですが、その代わりに今の床屋を見つけられたのでその点だけは良かったなと思っています。

1,000円カットの床屋は覚悟して入店すべき!

普段、髪が伸びてきたら毎回いきつけの美容室があるのですが
美容室ってお店によってカットだけでも5,000円以上しますし
ヘアケアなども注文すると結構料金が高くなります。

給料日前で金欠ということもあり
不本意ながらいつもと違う場所で
近所のスーパーのテナントに入っている
理容室に行ったときの体験談です

カットのみでシャンプーは無し
手軽さを売りにしていて
看板には10分でカット完了と書いており
家が近いから帰宅してからシャンプーすればいいかと思い
入店いたしました

お店の中はそんなに広くなく
店員は50代のおじさんが一人で
店内にお客は自分のみでした

最初にお金の支払いを求められ1,080円払いまして
すぐにイスに座らされ今回はどのようにカットしますかと
訪ねられました

いつもいきつけの店だと今までのカット内容の履歴や
いつも通りでお願いしますなどと言うと成り立つので
問診とかも少なくすぐ取りかかってくれるのが
いいところですが
今回ははじめて行くお店でしたので
横はバリカンで刈り上げてとか
トップは軽めとか注文をしていくと
どんどん店員がめんどくさい顔になるのがわかりました
この時のリアクションでこの店員さんとは
あまり会話しないんだろうなと思いました。

あまり問診されずにサイドの刈り上げをすると
前髪の長さをどうしますかと聞かれ
短めにお願いしたら
少しずつ切るのではなく思いっきり短く切って
刈り上げ部分の長さとのバランスが悪くなり
サイドの髪を更に短く切らないといけなくなり
結局タラちゃんみたいな髪型にされました。
ちなみにシャンプーが無いので
髪を切り終わった後に掃除機みたいなものの先端に
ブラシのノズルをつけられ吸い込みされるのですが
全然吸い込みが弱いので襟足とか肩に切った髪の毛が
たくさんついてたので帰宅してから取るのも二度手間でした。

問診時にもっとこうしてほしいとか
ああしてほしいなど言えばもう少しまともな
仕上がりになったと思いますが
まず担当してくれた店員さんの態度が
冷たいというか話しかけにくい雰囲気で
必要最低限の会話しかしませんでした。

いつも通っている場所なら
最近の仕事の調子とか休みの日は
何をしているかなど髪を切ってもらっている最中も
日常会話などしたりするのが美容室のイメージなんですけど
今回のお店では会話もなく
ただ切られている間はじっと待っているので
いつもより切って貰う量も少ないのに
時間が経過するのが長く感じました。

髪で見た目やイメージ等がだいぶ変わるので
給料日前だからと言って安く済む散髪は
辞めようとおもった体験談でした